年越しそばってなんで食べるの?大晦日のいつ?昼でも大丈夫?

目安時間:約 6分
年越しそばってなんで食べるの?大晦日のいつ?昼でも大丈夫?

毎年、年越しそばを食べるけど
なんで年末になるとそばを食べるのだろう…。

 

 

普段、気にもしないけど、
年末が近づいてくると一回は気になりますよね。

 

なんで”年越しそば”なのかと。

 

うどんはダメなの?
ラーメンはダメなの?
って思いません?

 

 

それにはちゃんとした理由が、
”そば”じゃないといけない理由がありました。

 

 

そんなちょっとした疑問をお答えします。

 

 


スポンサーリンク

年越しそばってなんで食べるの?

毎年、年末に年越しそばを食べるけどなんでだろう…。

 

それは、
”そば”という食材に意味があります。

 

そばは、細くて長い麵ですよね。
ちょっと嚙んだだけですぐに切れてしまいます。

 

そばが細く長い事から『延命・長寿・家族の縁が長くつくように』
すぐに切れることから『今年一年間の苦労や借金を切り捨てて、翌年に持ち越さないように』
という願いがかけられています。

 

他には、そばは金を集める縁起物とされて、
お金が入ってくるように願うという意味もあります。

 

 

年末に食べる理由として
次の年(来年)に先ほどの願いをかける為、
年末に”年越しそば”を食べて願いをかけ、次の年を迎えるという事になります。

 

 

よく、年を越してから”そば”を食べる方もいますが、
本来の意味からすれば、縁起が悪いことになります。

 

一年間の苦労を切り捨てることなく持ち越してしまうため、
金運に恵まれず、お金に困ることになると言われています。

 

 

以上のことから、年越しそばを食べる時は、
”年を越す前”に食べてくださいね。

 

 

 

大晦日に年越しそばをいつ食べるの?

大晦日の日に食べるのはわかりましたね。

 

 

では、大晦日のいつに食べるのか?

 

結論から言うと、

いつ食べても大丈夫です。

 

 

世間一般では

  • 夜、年が明ける前に
  • 除夜の鐘が鳴り終わるまでに
  • 年明けしてから
  • 家族が揃ってから

 

とか言われていますが、そうではありません。

 

朝でも昼でも夜でも、
”年を越し前”であればいつでもいいんです。

 

スポンサーリンク

 

年越しそばは大晦日の昼に食べても大丈夫

先ほども言いました通り、
お昼に年越しそばを食べても大丈夫です。

 

何も問題ありません。

 

 

こういった理由を知っている人たちは、
お昼におそばを食べに行ったりします。
(もちろん中には知らない人もいますが)

 

 

おそばをお昼に食べに行くときは注意してくださいね。
必ず混んでいます

 

一番の稼ぎ時なので仕方がないですが…。

 

もし、食べに行こうとお考えであれば、
必ず待たないといけないと覚悟して行ってくださいね。

 

そのほうが気持ちに余裕が持てて、
美味しくおそばを頂くことができるからです。

 

 

イライラして食事しても楽しくありませんからね。

 

 

 

まとめ

最近は色々な生活スタイルがあるからか、
”自由に”年越しそばを食べているように思います。

 

 

ほんの一例をあげると
”年越しうどん”なるようなものまで発売されているとか…。

 

ここまで来ると、作った人に聞きたい。
「どういった願いをかけたらいいですか?」と。

 

年越しそばの意味を知っているのならそこまで考えておいてほしいですよね。

 

 

こういった新しい物が出来て、
昔の風習が少しずつ変わるのを見ていると、
「時代の流れなのかなぁ」と思う今日この頃です。

 

 

長々と読んでいただき、ありがとうございました。

 

それでは、良いお年をお迎えください。

 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ