イオンのボジョレヌーボーの値段ってどうなの?赤と白に注意しよう!

目安時間:約 8分
イオンのボジョレヌーボーの値段ってどうなの?赤と白に注意しよう!

ボジョレーヌーボーの季節がやってきました。

 

いつも秋に入って少し経つと

スーパーマーケットでは”ボジョレー祭り”を始めだします。

 

よく行くスーパーと言えば、

日本の至る所に存在する「イオン」。

 

イオンでももちろん、

ボジョレーヌーボーの話題で店内や店前では大々的にポスターなんか貼ってあったりしますよね。

 

そんなイオンのボジョレーが気になって調べました。

 

 


スポンサーリンク

イオンのボジョレーヌーボー

イオンのボジョレーヌーボーパンフレットは見たことありますか?

 

そこに少し気になる事が書いてありました。

  • 『イオンは国内売上No.1』
  • 『トロフェ・リヨン ボージョレ・ヌーヴォー コンクール 最高金賞』
  • 『解禁日 11.16(THU)』

 

普段なら「へぇ~」と言って終わりますが、

ちょっと気にしてみると「何だろう?」っと不思議になったので

自分なりに調べてみました。

 

 

イオンは国内売上No.1?

パンフレットの一番目につく左上に大きく書かれています。

 

イオンが国内売上No.1の理由は単純に考えて

「スーパーマーケットの規模が大きいから」です。

 

誰もが行くスーパーマーケットに話題のワインが置いてあり、

しかも、値段が安いとなれば購入する人も多いでしょう。

 

逆に、イオンがNo.1でなければ

どこがNo.1になるのか知りたいくらいです。

 

 

トロフェ・リヨン ボージョレ・ヌーヴォー コンクールとは?

このコンクールで最高金賞受賞と言われても、

コンクールが何か知らなかったら

「”何かすごそうな”コンクールで最高金賞ってすごい!」

と言って、意味も知らないまま終わってしまいますよね?

 

「モンドセレクション金賞受賞」と書かれているのと

同じ感じになっちゃいますよね(笑

 

 

 

トロフェ・リヨン ボージョレ・ヌーヴォー コンクールとは

解禁日に先駆けて行われるボージョレ・ヌーヴォー”唯一”の公式コンクールだそうです。

 

このコンクールでは、

世界的に著名な醸造家・ソムリエがワインの味を審査をして、

その中で優れたものにだけ「最高金賞」が与えらえる栄誉ある賞との事。

 

 

 

ここで疑問が。

 

ボジョレーヌーボーは”新酒”である

ということは前の記事でご説明した時に、

「味」に関しても少し触れています。

 

最高金賞を受賞したワインは”美味しい”のでしょうか…?

 

 

 

結論として、

その道のプロには”美味しく”味わうことができると思います。

 

普段からワインを飲まない日本人からしてみると、

そこまで求めている味ではないのかな?という気がします。

 

まぁ、楽しむのが一番です。

 

 

解禁日は11月16日(THU)?

解禁日は『11月の第3木曜日』と決まっています。

 

”ボジョレーヌーボーの日”は

11月15日と決まっていましたが、

土日に当たると販売に影響が出たことから、

11月の第3木曜日に決まったそうです。

 

 

■関連記事■
ボジョレーヌーボーはおいしくない?試飲用だから?日本だけ人気有り

 

スポンサーリンク

 

ボジョレーヌーボーの値段

イオンでは、一番安くて850円(早割)、高くて3,380円(早割)で販売されています。

 

2,000円を超えるワインはそれなりにこだわっているといった感じで、

ワインソムリエやブドウ農家のコメントと写真が載っています。

 

 

高いワインはそれほど自信があるんでしょうね。

 

 

他のメーカーはどうなのか?

 

価格.comを見る限りでは、他も同じような価格帯で販売していました。

ただし、安いワインは要注意。

 

ネットショッピングでボジョレーヌーボーを購入するときは

  • 何年物か
  • ボジョレーかどうか

 

この2つをしっかり確認していないと、

2,3年前のボジョレーだったり、違うワインだったりしますので気を付けてください。

 

 

 

値段はどこでも一緒なので、

こだわりが無い限り、どこで買っても同じだと思います。

 

 

 

ボジョレーヌーボーの赤と白に気を付けて

ワインには赤・ロゼ・白とあるように、

ボジョレーヌーボーでも、赤・ロゼ・白を見かけます。

 

でも実際は、

ボジョレーヌーボーの”白”は日本では見かけません

 

あるにはあるのですが、

ボジョレーヌーボー全体の内、白は5%しかありません。

 

イオンなどで売られている

白いボジョレーヌーボーをよーく見ると、

「マコン」という文字が入っていて、「ボジョレー」とは書かれていません。

 

ボジョレーとは、ボジョレー地区で取れたワイン。

マコンとは、マコン地区で取れたワインの事です。

 

ボジョレー地区とマコン地区はすぐ近くなのですが、

取れた場所(地区)を名乗る事から、”ボジョレー”ではないのです。

 

マコンでも”ヌーボー”はありますので、

名前にとらわれることなく楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

ボジョレーヌーボー 2017【送料無料】【高級クリスタルグラス3客プレゼント】[2017]金賞蔵ヴェリタス直輸入6本セット≪航空便≫(赤ワイン)

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ