会社の忘年会に行かない為には?欠席理由は何がいい?印象は変わる?

目安時間:約 10分
会社の忘年会に行かない為には?欠席理由は何がいい?印象は変わる?

忘年会に行きたくない…

どうやったら行かなくて済むのだろうか。

 

そう思う人も少なからずいるはずです。

 

行かない為にはどうするか

欠席する理由は何がいいのか

 

そして気になるのが、

欠席するとどう変わるのか。

 

これらを私なりに紹介していきたいと思います。

 

 


スポンサーリンク

会社の忘年会に行かない為には?

忘年会を行かない為には、とにかく断るしかありません。

 

断ると言っても、

無下に断ってしまっては誘ってくれた人に与える、あなたの印象は良くありません。

 

悪いイメージを与えてしまうと

それが口コミで他の人にも伝わり、

ヘタをしてしまえば会社内のコミュニケーションや仕事にも影響を与えます。

 

そうならない為にも

断る時は丁寧に申し訳なく、ちゃんとした理由を言うほうがいいでしょう。

 

 

 

会社の忘年会の欠席理由は何がいい?

本当は「嫌」だから欠席したい忘年会でも

自分本位で勝手に欠席するのではなく、

「会社の上司や同じ職場仲間の事も考えて欠席します」

という理由の方が、後々の職場関係に傷を付けることなくて済みます。

 

では、どういった理由が一番いいのでしょうか?

 

 

 

家族が病気に…。

私が実際に聞いたこともあるし、

使ったことがあるのですが、

この理由が一番しっくりきます。

 

特に、子供がいる家庭では有効な手段です

 

子供はいつ風邪や熱を出すか分かりませんし、

絶妙なタイミングで風邪を引くことはよくあります。

 

会社の上司となると、

家庭を持っている人が多いです。

 

つまり、こういった経験をしているということです。

 

 

 

でも、気を付けないといけない事もあります。

 

全員が理解してくれるわけではありません。

 

中には、

「嫁さん(旦那さん)が見てくれたらいいんじゃないの?」

と言って素直に受け入れない人もいます。

 

こうならない為にも、あなたの家庭状況を

普段の会話で何気なく伝えておくことでいいでしょう。

 

そうすれば、理由を言いやすくなると同時に

みんなが理解してくれる事にもなります。

 

 

 

自分自身が体調不良に…。

忘年会に限らず、

「風邪ひきました」と言って欠席することはよくあります。

 

風邪を引いて欠席するにしても、

仕事や行事を普段から真面目で休みを取らない人が使うと効果があります。

 

毎日の仕事を怠けていたり、ダラダラしている人であれば全く効果はありません。

 

 

 

しかし、真面目だからといっても

毎回・毎年同じ理由を言い続けるのはNGです。

 

そんなに都合よく「風邪」は引けません。

 

 

 

真面目な人であれば、

参加したくない理由をはっきりと伝えれば

必ず、みんなは分かってくれます。

 

何か言う人がいるかもしれませんが、

行きたくないのだから、仕方のない事です。

 

ちょっとの小言は言われる覚悟を持って伝えることも大事です。

 

スポンサーリンク

 

冠婚葬祭で参加できません…。

結婚式やお葬式といった冠婚葬祭は

いつ知らせが入るか分かりません。

 

誰にでも経験があることから、

この理由は誰でも使える”最強の理由”になります。

 

誰が聞いても納得しますし、尚且つ、不満を言う人もでません。

 

本当にこの理由であれば、

後ろめたい気持ちもないでしょう。

 

 

 

もしウソだとしたら

しっかり話を作っておく必要がありますし、

場合によってはお土産を期待されたりと

あとあと面倒なことがあります。

 

ですが、効果は抜群です。

 

この理由を使うのであれば

多少なりの面倒事は覚悟しましょう。

 

 

 

お酒が飲めないので…。

私の周りでもよく耳にしますが、

お酒が飲めないは理由にならないと思います。

 

その言葉を聞いた人はかならず

「お酒飲まなくてもいいよ」や

「ソフトドリンクじゃだめなの?」と言います。

 

その通りなんです。

 

忘年会はお酒を飲む為の宴会ではなく、

『その年の苦労を忘れるために執り行われる宴会』なのです。

 

お酒を飲んで楽しむだけならただの「飲み会」です。

 

とは言っても、

忘年会にはお酒は付きものという考えのほうが多いと言えます。

 

だから「お酒が飲めないので…」と言ってしまうんですね。

 

 

 

この他に理由が思い浮かばないのであれば、

無理に用事を作ってみてはいかがでしょうか?

 

用事は何でもいいです。

親や兄弟や恋人と遠くに出かけるとかも手です。

 

それが無理なら”風邪を引く”が無難だと思います。

 

 

 

行き帰りの足が無いので…。

職場の遠くに住んでいて、

電車や車で通勤している人がよく使います。

 

行くことはできても

車であれば、お酒を飲むから帰れない。

電車であれば、終電がなくなってしまう。

 

「本当は行きたいんだけど行けない」

という事を伝えて丁重にお断りすると思います。

 

ここで気を付けて欲しいのが、

”足があれば行ける”という事。

 

誰かが、「私が送迎するよ」と言えば

一発でアウトです。

 

この理由を使うときは

迎えに来そうな人がいない時に使いましょう。

 

 

 

ダメな欠席理由

今から言う言葉を使ってしまうと、

今後の人間関係に影響が出るかもしれないので

出来る限り使わない事をおすすめします。

 

  • お金が無い(もったいない)
  • 面白くない
  • めんどくさい
  • 時間・お金の無駄

 

これからも、この先も、

ずっと行きたくない方にはいいかもしれませんが、

この言葉で断ると、もう二度と誘われることは無いと覚悟しましょう。

 

一回だけ断りたいのであれば、

さきほど紹介した理由を使ってくださいね。

 

 

 

忘年会を欠席すると印象は変わる?

欠席した時に気になる事と言えば

自分に対する印象が変わるのか気になりますよね。

 

欠席理由で多少変わる事もありますが

自分の印象の決め手となる物は普段のあなたの次第です。

 

欠席理由はどうあれ、

あなたを信頼している人がいれば

あなたに対する印象が変わる事はありません。

 

とは言っても、

やり過ぎてしまうと信用を無くしてしまうので、

その辺りは上手にしてくださいね。

 

 

 

まとめ

忘年会は苦労を忘れるための宴会と説明しましたが、

宴会で苦労してしまっては元も子もありません。

 

嫌なものは嫌と伝えられたらいいのですが、

私もはっきり言うのは苦手です。

 

理由を聞かれなかったら楽なのですが、

全く聞いてこないのも何か嫌ですよね(笑

 

スポンサーリンク

タグ:

カテゴリ:年末年始  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ