筋トレだけでは筋肉はつかない?睡眠時の成長ホルモンに関係が!

目安時間:約 8分

「寝る子は育つ」という言葉はご存知ですか?

 

実は、この言葉通り

本当に寝る子は育つんです

 

それは、寝ている時の「成長ホルモン」が大きな役割を果たすのですが…。

 

 

中々筋肉がつかなくて困っている方は必見です。

 

 


スポンサーリンク

筋トレだけでは筋肉はつかないのはなぜ?

筋トレをすれば筋肉がつくと思いがちですが、

筋トレは筋肉を壊す事をしています。

 

その壊れた筋肉を回復させて

いわゆる”超回復”をすることで筋肉は強くなります。

 

きちんと回復させるには、

質の高い睡眠を取らなくてはいけません。

 

睡眠を取る事で「成長ホルモン」という物質が

体中に分泌され、壊れた筋肉を修復していきます。

 

成長ホルモンの役割の代表例として

「身長を伸ばす」、「筋肉を発達させる」といった、

体にとって、すごく意味のあるホルモンなんです。

 

 

その大事な役割のある成長ホルモンが分泌されるタイミングが

  • 少しハードなトレーニングをする
  • 質の高い睡眠を取る

 

この2つがあげられます。

 

 

 

ウェイトトレーニングを行う

軽い運動をしても成長ホルモンは分泌されません。
少しハードはウェイトトレーニングを行うことで成長ホルモンは分泌されます。

 

”少しハードな”って部分が曖昧ですが、
あなた自身が思う少しキツイと感じるトレーニングで十分だと思います。
↑この説明も曖昧かな?(笑

 

タイミングは、運動を行った後に成長ホルモンを分泌しますが、
最低でも、15分程度の運動を行わないと分泌されないようです。

 

 

 

質の高い睡眠をとる

睡眠には「ゴールデンタイム」というものが存在します。

 

この「睡眠のゴールデンタイム」とは

  • 成長ホルモンがもっとも多く分泌される
  • 体内時計を適切に保つ

 

この2つの効果があります。

 

成長ホルモンは深いノンレム睡眠に入るともっとも多く分泌されます。
深いノンレム睡眠に入る時間は、眠り始めて30分後と約2時間後の
2回入るタイミングがあります。

 

成長ホルモンの分泌だけを見ると
寝始めの3時間がゴールデンタイムと言えますね。

 

 

 

成長ホルモンのメリット

  • 疲労回復・免疫力の向上
  • 美肌効果
  • ダイエット効果

 

女性に嬉しいメリットがたくさんありますね(^^

 

 

 

質の高い睡眠を取るには?

先ほどもご説明した通り
睡眠のゴールデンタイムは22時~深夜2時 でしたね。

 

心地よい眠りにつくためには
自分に合った布団で寝ないといけません。

 

枕の高さ、マットレスの硬さ、季節に合った布団などなど。

 

極端な話、夏に冬用の羽毛布団だったら寝れないでしょ?(笑

 

 

私の睡眠事情

私は工場勤務をしていまして、1日12時間働いています。
朝勤と夜勤が2週間サイクルで変わる2交代制の仕事をしています。

 

そのせいか、決まった時間に寝て起きるという
体のリズムを中々作ることができません。

 

朝勤の場合だと、夜に帰って来てすぐ寝ることができます。

 

でも、
夜勤の場合だと、昼に帰って来ても周りが五月蠅くて眠れません。
それに加えて、お外は太陽が昇っていて明るくて眠れない。

 

2交代のサイクルに慣れた今でも、夜勤帯の昼間は寝れないときがあります。

 

そんな私でも、筋力トレーニングを始めて1年かけて
ベンチプレス30kg→90kgまで上げることが出来ました。

 

その時は

いくら寝れないと言っても、1~2時間は寝ていました。

 

多分、
寝始めの30分後に分泌される成長ホルモンの効果が出たんでしょうね。

 

私的には「もっと寝ることができたらもっと効果が出たのかな・・・」と
ちょっともったいなかったなぁ、と今も思いますね。

 

仕事の関係上、仕方のない事ですが
逆に言えば、睡眠が少なくてもここまで強くなれる

という事を、自分の体で証明しましたね(笑

 

寝るための工夫としては、
布団や枕とか色々変えたいけど、
お金かかるじゃないですか?

 

とりあえず少し質のいいマットレスに変えたくらいです。

予算は1万円で探していて、Amazonで見つけた
アイリスオーヤマの「エアリーマットレス」を購入して使っています。

 

高反発マットレスなのですが
ほどよい柔らかさで、そのまま寝転んでも地面につく感じがないんです。

 

一般的なウレタンマットレスだと
すぐにへたって、マットレス敷いてても無いのと一緒って感じになりますよね。

 

私の体重67kgで
1年以上使っていますが、まったくへたってきません。

 

これを購入した理由として、
レビューの多さ・人気の高さが決め手になりました。

 

これで使い勝手悪かったら
「みんなどういう感性してるんだ??」っと言ってやろうと思ってましたが
大当たりだったので喜びのコメントを入れました(笑

 

 

まとめ

成長ホルモンを手に入れるためには
睡眠は欠かせません。

 

まずは、

睡眠時間を見直してみるのはいかがでしょうか?

 

それでも寝付けないのであれば
寝る前の行動や
寝具を見直してみる必要があります。

 

寝る前の行動についてはまた今度書きますね(^^

 

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:スポーツ  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ