肛門の痒み止めるにはオシリアが効果的!ボラギノールよりすごい!

目安時間:約 8分
オシリア

肛門の痒みに何年も悩み続けて

色んな市販薬も試したけど

どれも効果を感じる物に出会えなかった。

 

そんな中、

今たどり着いたのが「オシリア」です。

 

オシリア以外の市販薬の中で

『肛門のぶり返すかゆみ・痛み』

ピンポイントに言っているものはありません

 

強烈なキャッチコピーが目を引いたので

実際に購入して使ってみました。

 

 


スポンサーリンク

肛門の痒みを止めたい

肛門の痒みを止めたいと願って数年。

 

市販薬も試したし、病院にも通ったけど

あまり効果はありませんでした。

 

しばらく様子見で適当な薬を使っていたけど

とうとう我慢できないほどにまで痒くなり、

寝ている間に掻いて傷を付けることも増えてきて。

 

『もう我慢できない!』状態までに…。

 

そこで検索エンジンではなく、

Amazon・楽天を使って「肛門 痒み」で検索すると

小林製薬のオシリアが一番最初に出てきました。

 

一番最初にあるという事は

みんなが見て、評価されているという意味があるので、

とりあえずオシリアを見てみました。

 

初めて見たとき、パッケージにでかでかと

『肛門のぶり返すかゆみ・痛み』と書いてある事に衝撃を受けました。

 

今まで「痔の~」や「お尻の~」は見たことはあったけど

「肛門」と特定して書いてある物は見たことありませんでした。

 

これほど言い切る事ができる商品

となると期待したくなるもんです。

 

すぐに購入して使ってみました。

 

 

 

肛門の痒みにはオシリアが効果的

早速封を開けて製品を確認。

 

これがオシリア。

見た目からして清潔的で好印象。

オシリア

 

使う前にまず説明書を確認しました。

 

私もそうなんですが、

使うときって説明書なんて読みませんよね(笑

 

でも、今回の患部は長年付き合ってきている事もあって

状態がそれなりに酷いと思っていたのできちんと説明書読みました。

 

患部の状態次第では

使う事で悪化してしまう場合もありますからね。

 

説明書には、

■特徴

  • 『きれ痔などによるかゆみ・はれ・痛みのための軟膏です』
  • 『ヒドロコルチゾン酢酸エステルがトラブルの原因である炎症を抑え、肛門のかゆみ・はれを鎮めます』
  • 『リドカインおよびジフェンヒドラミン塩酸塩が、肛門のしつこいかゆみを素早く抑えます』
  • 『べたつきの少ない使用感です』

 

フムフム。

難しい事はよく分からないけど、

とりあえず効果があるのは分かりました。

 

べたつきが少ないのはいいですよね!

蒸れるからべたつくの嫌だったんです。

(実際に使った感想は後ほどに)

 

特徴は大体分かりました。

 

さて、次は肝心の使用上の注意はどうでしょうか?

■使用上の注意

  1. 『次の人は使用しないこと
    患部が化膿している人』
  2. 『長期運用しないこと』

 

患部が化膿…(確認中)

なんとかセーフでした(笑

 

長期運用しないということは、

これで良くならなかったら病院行ってくださいって事ですね。

 

あと気になる事といえば、

用法・用量ですね。

 

■用法・用量

『適量をとり、肛門部に塗布する。なお、1日3回まで使用できる』

 

1日3回は使用できるから

「朝起きてから・お風呂の後・寝る前」

このタイミングが一番良いと病院の先生が前に教えてくれたことがあったので、塗るタイミングはこれに決定。

 

よし、内容の確認がこれで使う事ができます。

 

チューブから出した中身はこちら。

オシリアの中身

 

見た目からしてサラサラと水っぽいイメージ。

 

使ってみた感じは、

ボラギノールをもっとサラッとさせた感じでした。

 

説明書通りにべたつき感も少なくて、

塗った後に若干スッとする清涼感もありました。

 

透明という事もあって色が付く心配もありません。

 

そうして塗り心地を楽しんだ後、

服を正している時にもう効いてきました。

 

塗って1分も経っていないのに効果でるのか…?

 

説明書には書いてないし不思議だと思い、

製品のホームページを見てみると、

しっかり『かゆみを素早くしずめる(即効性)』と書かれていました。

 

製品やパッケージをよーくみても、

「即効性」の言葉は無かったのに

使ってみて即効性があると知った時は嬉しかったですね。

 

しかも「持続性」もあるみたいで

嬉しさ2倍でした!

 

スポンサーリンク

 

オシリアはボラギノールより効果あり

オシリアが気に入ったので、

ついボラギノールと比べてみました。

 

成分とか関係なしに、

私自身が使ってみてよかった方は

断然「オシリア」でした。

 

一番の違いは使ったときの「即効性」が何よりよかったです。

 

 

オシリアとボラギノールの大きな違いで言えば、

オシリアには「かゆみ止め・消毒薬」

ボラギノールには「組織修復補助」

の特徴があります。

 

ボラギノールにはかゆみ止めの成分は入っていないので、

痒みに困っている方はオシリアがいいと言えます。

 

 

 

まとめ

今までの説明は、

あくまでも私が使ってみた感想です。

 

どんな製品にも相性というものがありますし、

使ってみないことには分かりません。

 

もしかしたら「オシリア」はあなたに合わないかもしれません。

 

このブログはあくまでも参考程度にしておいてくださいね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第(2)類医薬品】オシリア 10g[小林製薬 痔の薬/軟膏]
価格:746円(税込、送料別) (2017/10/2時点)

 

タグ:

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ