玄関の正月飾りはいつからいつまで?処分の仕方はどうするの?

目安時間:約 7分
玄関の正月飾りはいつからいつまで?処分の仕方はどうするの?

クリスマスが終わって

落ち着く間もなく大晦日が近づいてきます。

 

お正月が近づくにつれて

お店やお家の前には、しめ飾りや門松といった

正月飾りをちらほら見かけるようになります。

 

自分の家も飾らないと…と思った時に

「いつからいつまでだった?」

と考えてしまう時ありませんか?

 

ふと忘れてしまった

その疑問をお答えします。

 

 


スポンサーリンク

玄関の正月飾りはいつから?

正月飾りを飾る時期ですが、

一般的にクリスマス終わったあとの、26日から28日までに飾る所が多いです。

 

クリスマスが終わったあとは

歳末という雰囲気になっているため、

一番早く正月飾りをしても特に違和感はありません。

 

本来は28日に飾るとされていますが、

今は、昔と比べて生活環境が変わってきたこともあり

昔のように固定されたスケジュールで飾り付けをする必要はありません。

 

28日までに用事があって飾れない、仕事があって飾れない

何かと忙しくて飾る事が出来ないという方もいるかと思います。

 

どうしても、

28日までに飾る事が出来ない方は30日に飾るようにしましょう。

 

 

正月飾りを28日に飾る理由

28日の「8」は漢字で書くと「八」になります。

 

「八」という漢字は末広がりと言って、昔から縁起がいいとされています。

 

この事から、28日に飾る事は縁起がいいと言われています。

 

日柄で大安が重なるとより良いとされています。

 

 

正月飾りを29日と31日に飾らない理由

間違っても、29日と31日には飾らないようにしてください

 

29日は語呂で「二重苦」や「苦が待つ(末)」と言い、数字の「9」が入っている事から「苦」という意味があります。

 

31日は「一夜飾り」と言い、神様を招くのに一晩で飾るといった、急いで準備をするという行為が失礼に当たるという事から縁起が悪いとされています。

地域によっては、30日も31日と同じように「一夜飾り」と見なされるところもありますので、30日に飾ろうと思っている方で不安な人は身近な地元の人に聞いてみましょう。

 

 

 

玄関の正月飾りはいつまで?

正月飾りを外す日は「松の内」が過ぎてから片づけます。

 

「松の内」は12月13日から始まり、

関東では、1月7日まで

関西では、1月15日までとされています。

 

7日に外す方は、

朝に食事(七草粥など)を済ませた後に外す方が多いです。

 

15日に外す方は、

どんど焼きに持っていく時に外す方が多いです。

 

 

スポンサーリンク

 

玄関の正月飾りの処分の仕方

役目を果たしてくれたお正月飾りを処分する方法は

1月15日の小正月に行われる「どんど焼き」で処分するのが一般的です。

 

基本的には神社で行いますが、

”火を使う”こともあって、

人が密集しているような都会の方では

動画であるような河川敷で行う場合もあります。

 

 

どんど焼きとは?

「どんど焼き」とは、正月飾りとして使ったものをみんなが持ち寄って一斉に集めて火にくべる行事です。

 

全国的に「どんど焼き」という言葉を使いますが、

京都・北陸では「左義長」

九州では「鬼火焚き」と言ったりします。

 

 

どんど焼きは小正月(1月15日)に必ず行われる?

もっとも多いのは1月15日ですが、

地域によっては13日、14日に行うところもあります。

 

もっと早いところでは12日という場合もありますので、

自分の地域はいつ行われるのか知りたい時は

近くの神社で聞いてみましょう。

 

 

どんど焼きに参加できない時の処分の仕方

どんど焼きで処分出来ない方は

自宅で処分することが出来ます。

 

処分する方法として

  1. 自治体の回収ボックスに入れる
  2. 塩で清めて処分する

 

この2つのどちらかになります。

 

 

自治体の回収ボックスに入れる

自治体によっては回収ボックスを設置している所があります。

お住いの地域はどうなのか、一度確認してみて下さい。

 

 

自宅で処分をする

用意するもの

  • 新聞紙
  • お塩
  • 正月飾り

 

お清め&処分の手順

  1. 広げた新聞紙の上に正月飾りを置き、塩で清めます。
  2. 新聞紙で正月飾りをくるみ、新しいゴミ袋にいれてもう一度塩で清めます。
  3. ゴミの日に出して処分します。(※感謝の気持ちを込めて出します)

 

ゴミ袋に正月飾り以外の物は入れないで出します。

 

 

以上が処分の仕方になります。

 

 

 

まとめ

お正月飾りは年神様・ご先祖様を迎え入れる為の大切な飾りです。

 

いつから・いつまで・処分の仕方まで

どれも大切な意味があります。

 

一年に一度の大切な行事なので

次の年も安全に過ごせるようにしっかりと飾り付けをしましょうね。

 

スポンサーリンク

タグ:

カテゴリ:年末年始  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ