お年玉の相場小学生はいくら?低学年と高学年でどれくらい違うの?

目安時間:約 6分
お年玉の相場小学生はいくら?低学年と高学年でどれくらい違うの?

新年の始まりに
子供の年初めの楽しみといえば「お年玉」です。

 

『今年はいくら入ってるかな♪』と
子供ながらに中に入っている金額が気になったりします。

 

お金をポチ袋に入れる側からすると
子供の喜ぶ顔が見れて嬉しいですが
お年玉をあげる数が多くなると結構な出費になります。

 

 

一番最初に渡した金額が高いと
次の年からは下げることができなくなります。

 

そうならない為にも、
世間一般ではいくらが相場なのかを知っておきましょう。

 

 


スポンサーリンク

お年玉の相場小学生はいくら?

小学生のお年玉の相場は
1年生から6年生まで、すべての学年を見ると

 

「1000円~5000円」

 

となっています。

 

 

金額に差がある理由として、
低学年」と「高学年」で差をつけている方がほとんどです。

 

 

中にはユニークなやり方もあって、
学年の年数で金額を決めるという方もいます。

 

学年の年数での決め方の例として、

  • 1年生=1000円
  • 2年生=2000円
  • 3年生=3000円
  • 4年生=4000円
  • 5年生=5000円
  • 6年生=5000円

 

というように
上限を「5000円」に決めておいて
1年生から1年ずつ1000円アップしていく方法です。

 

渡す側からしても
その年はいくら渡すのか明確になっていて分かりやすいです。

 

 

では、
低学年」と「高学年」では
どのように違うのか見てみましょう。

 

 

 

小学生低学年のお年玉の相場は?

小学生低学年のお年玉は

 

「1000円~3000円」

 

となっています。

 

 

金額に幅がありますが、
相場は「2000円」です。

 

 

最低でも1000円
最高でも3000円ですが、
ここの金額設定を間違えると後々の懐事情に関わってきます。

 

 

金額設定の基準として
自分の収入と、お年玉をあげる子供の数があります。

 

あなたの今の収入に余裕があれば
いくらでも思う金額を包んであげればいいと思いますが
子供の人数をしっかりと計算に入れてください。

 

もうお分かりかと思いますが
「設定金額×子供の数」です。

 

 

低学年の時はそれほど気にしませんが、
高学年、中学生、高校生と段々大きくなると
金額もそれにつれて増えていきます。

 

後の事も考えて、
無難にいきたいのであれば
相場の2000円をお勧めします。

 

 

スポンサーリンク

 

小学生高学年のお年玉の相場は?

小学生高学年のお年玉は

 

「3000円~5000円」

 

となっています。

 

 

金額に幅がありますが、
相場は「3000円」です。

 

 

高学年になると

出かける行動範囲も広くなって
お金を使う機会が増えてきます。

 

けど

 

出かける機会が増えるからと言って
お金をいっぱい持たせてしまっては
金銭感覚がおかしくなってしまいます。

 

小さい時に正しい金銭感覚を身につける為には
多すぎないという事が大切です。

 

 

渡す側のお家事情や

そういった金銭感覚の事で
相場は3000円と決めている所が多いです。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

他には、
一律で小学生は3000円と決めている所もあったり
色々な決め方・考え方があります。

 

私もそうですが、
家庭を持っている方は相場の金額でいったほうが無難かと思います。

 

お正月だからといって
恰好を付けてしまいそうになりますが、
それで自分の子供が貧しい思いをしてしまっては元も子もありません。

 

家庭をお持ちの方は

自分の子供と相手の子供

お互いが幸せになれるような選択をしてあげましょうね。

 

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:年末年始  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ