年賀状を処分するには?7つの方法をご紹介!

目安時間:約 9分
年賀状を処分するには?7つの方法をご紹介!

毎年、家族や友達や会社関係など
多方面から年賀はがきが送られてきます。

 

届いた年賀はがきを
記念に保存している方もいれば
住所録として保存している方もいると思います。

 

最初は保存していても気になりませんが、
何年もそのままにして段々溜めてくと
はがきの枚数がすごい量になってしまいます。

 

いざ処分しようと思っても、
子供の写真が付いているから
捨てていいのか悩んでしまうこともあります。

 

では、
どのように処分するのでしょうか?

 

詳しく見ていきましょう。

 

 


スポンサーリンク

年賀状を処分するには?

年賀状を処分するにあたって
もっとも大事なことは個人情報の扱いです。

 

処分する時は、
必ず個人情報が漏れないようにしないといけません。

 

 

個人情報が漏れてしまっては、
相手に迷惑をかけるだけでなく
自分にも被害が及びます。

 

そうならない為にも、
これから説明する「7つの方法」を参考にしてみてください。

 

 

たまに耳にしますが、
処分する時に破りもしないでそのままゴミ箱に捨てる人がいます。

 

そのまま捨てると個人情報がだだ漏れになってしまいますので
絶対にやめましょうね。

 

 

 

年賀状を処分する7つの方法

今から、私が知っている7つの方法をご紹介します。

 

簡単にできる方法はもちろん
ちょっと変わったやり方もあるのでよかったら参考にしてください。

 

 

方法①破る、刻む

一番オーソドックスな方法です。

 

びりびり破る、もしくは細かく切ったりして
個人情報を分からないようにします。

 

簡単にできますが、
手で破ると切れ端が大きい時があります。

 

切れ端が大きいと、
簡単につなぎ合わすことが出来てしまいます。

 

破る・切る場合は出来るだけ細かくする為に
シュレッダーはさみなどの道具を使うようにしましょう。

 

 

■関連記事■

年賀状はいつまでに出すと元旦に届くの?市内と市外で分けるの?

 

年賀状の宛名の書き方!家族に書く時は?連名で気を付ける事は?

 

年賀状の一言で友達が疎遠の場合の例文は?突然連絡して大丈夫?

 

スポンサーリンク

 

方法②テープを使う

年賀状が多くてまとめて処分したい時に便利な方法です。

 

年賀状を数十枚重ねて、
クラフトテープなど透明でないテープを使って
グルグルと巻いて固定すれば出来上がりです。

 

外見はテープが丸まった物になっているので
一見して年賀状だと気づくことはありません。

 

 

万が一、
テープを破られた時に備えて接着剤を使っておくと
はがきを剥がす時に破れて見れなくなります。

心配な方は接着剤を併用すると安心して処分できます。

 

 

方法③シュレッダーにかける

個人情報を守る為の基本中の基本、
シュレッダーを使う方法です。

 

方法①でシュレッダーはさみを紹介しましたが、
ここで紹介するのは家庭用の電動で動くシュレッダーです。

 

はさみの場合、
枚数が少なければ良いですが、
大量のはがきになってくると正直キツイです。

 

機械に入れるだけで、
楽に素早く処分するにはシュレッダーは欠かせません。

 

今は3000円以内で購入できる物もありますので、
参考までにリンクを貼っておきますね。

 

 

 

 

方法④リサイクルする

資源としてリサイクルする方法です。

 

年賀状と言っても、
素材は紙で出来ています。

 

紙で出来ているという事は、
古紙回収や資源ごみの日に回収してもらう事が出来ます。

 

地球環境に優しいエコを考えている方は
この方法が一番良いと思います。

 

 

方法⑤個人情報保護の道具を使う

個人情報を保護する為の専用の道具を使います。

 

個人情報保護アイテムには
下記の物があります。

 

  • スタンプ
  • テープ
  • のり

 

広い範囲で消したい時は、スタンプ・のり

狭い範囲で消したい時は、テープを使います。

 

年賀状は保護する範囲が広いので、
スタンプかノリのどちらかになります。

 

どちらを使っても安心できますが、

情報が載っている面を見せたくない人は個人情報保護のりをおすすめします。

 

 

方法⑥どんど焼きで処分する

年明けの小正月(1月15日)のどんど焼きで処分する方法です。

 

どんど焼きと言いましたが、
他の呼び名で「左義長」、「鬼火焚き」と言います。

 

どんど焼きとは

みんなのお家で飾った正月飾りを燃やす行事です。

 

そこに年賀状を持って行って、
神聖な火で燃やしてもらうのですが、
地域によっては燃やしてもらえない所もあります。

 

どんど焼きで処分しようとお考えの方は
自治体やお近くの神社に確認してくださいね。

 

 

方法⑦溶解する

年賀はがきを溶かして物自体無くしてしまう方法です。

 

この方法をしている人は限りなくゼロに近いと思います。(笑

 

よく、会社などの機密資料を
特別な場所に持って行って溶解してもらいますが
それを同じことを年賀状にもしてみて?はという提案です。

 

物自体無くしたいのなら
先ほどのどんと焼きみたいに燃やせばいいのですが
ちょっと変わったユニークな方法だったので書いてみました。

 

 

 

まとめ

色々な方法がありましたが
いかがでしたでしょうか?

 

この中にあなたの気に入る方法はありましたか?

 

個人情報は守る義務があるので、
できる方法を駆使して漏らさないよう気を付けましょうね。

 

 

■関連記事■

年賀状の返事はいつまで?書き方に気を付けないと失礼になる?

 

年賀状の簡単な作り方!年賀状の本と付属ソフトで楽に印刷しよう!

 

年賀状をスマホで作成!写真も使えて印刷もできるアプリは?

 

スポンサーリンク

タグ:

カテゴリ:年末年始  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ