鏡餅はいつ食べる?鏡開きのやり方は?お餅を美味しく食べる方法

目安時間:約 5分
鏡餅はいつ食べる?鏡開きのやり方は?お餅を美味しく食べる方法

正月が過ぎると
年末に飾った正月飾りのしめ飾りやしめ縄などを処分しますが、
その中に鏡餅があります。

 

当たり前ですが
鏡餅は食べ物ですので
食べないともったいないです。

 

何もしないで
「鏡餅ってかわいいねー」と言っているだけだと
そのうち腐って食べれなくなってしまいます。

 

いつ、どのようにして食べるのか
どうすると美味しく食べることが出来るのかといった事をお教えします。

 

 


スポンサーリンク

鏡餅はいつ食べる?

基本的に1月11日の鏡開きに食べます。

 

鏡餅は、年末に飾り付けた後
鏡開きの日になるまで飾っておきます。

 

1月11日が来たら、
取り下げて鏡開きをするといった流れです。

 

 

最初に基本的にと言いましたが、
地域によっては4日や15日に食べるところもあります。

 

この違いは大体この地域で分かれています。

 

  • 関東は1月11日
  • 関西は1月15日
  • 京都と一部地域は1月4日

 

 

ご自分が住んでいる地域の鏡開きが分からない時は
家族や近隣の方に聞いてみましょうね。

 

 

 

鏡餅の鏡開きのやり方は?

鏡開きのやり方は木槌を使うのが昔ながらの方法です。

 

けど

 

今時、木槌が置いてある家なんて
そうそう無いのではないかと思います。

 

木槌に変わる方法として

  • すりこ木を使って割る
  • 水でふやかす
  • 電子レンジでチンする

 

といった手段があります。

 

 

最近では電子レンジを使う人が非常に増えています。

 

電子レンジを使う事で
カチカチのお餅がすぐに柔らかくなります。

 

硬いお餅が好きな人でも、
柔らかくして好みのサイズにカットした後に
しばらく放置すればそのまま固まります。

 

昔ながらの方法から大きく外れるかもしれませんが、
現代風の鏡開きとして電子レンジを使うのはアリだと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

お餅を美味しく食べる方法

さて、鏡開きが終わったあとは
お餅をどうやって美味しく頂くかですよね。

 

今から、鏡餅の食べ方を紹介していきます。

 

 

定番の食べ方

まず最初は
誰が食べても美味しいと感じる
定番の食べ方を紹介します。

 

  • きな粉餅
  • 磯辺餅
  • おしるこ
  • ぜんざい
  • みたらし

 

個人的にはきな粉餅が定番で大好きです。

きな粉がたっぷりついたお餅を
口の中にいれるイメージをするだけでちょっとよだれが出てきそうになります(笑

 

 

アレンジした食べ方

普段では考えないような食べ方だけど

やってみるとすごくおいしそうな物ばかりです。

 

  • おかき餅
  • お茶漬け餅
  • チョコ餅
  • ピザ餅
  • 餅グラタン
  • 納豆餅

 

など、本当に色々なアレンジがあります。

 

探せばもっと出てくると思いますので、
自分の好きな食べ物があれば
「好きな食べ物+餅」で検索してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

まとめ

鏡餅は一見すると
硬くて食べにくいように見えますが、
今はそうでもありません。

 

電子レンジを使うちょっとの工夫や
色々なレシピにアレンジしてみることで
美味しく食べることができます。

 

細かいやり方について
このブログには書いてありませんが、
調べるとすぐに分かりますので
気になったところは調べてみましょうね。

 

スポンサーリンク

カテゴリ:年末年始  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ