喪中で年賀状を送れない時は?寒中見舞いは職場の上司や同僚に必要?

目安時間:約 4分
喪中で年賀状を送れない時は?寒中見舞いは職場の上司や同僚に必要?

11月下旬から12月初めになると

年賀状を送り合う相手から

喪中のハガキが届く時があります。

 

喪中ハガキが送られてくるという事は

相手に年賀状を送る事はできません。

 

年賀状が送れないと

新年の挨拶が出来ないと思うかもしれませんが、

そうでもありません。

 

喪中ハガキが届いた場合の

新年の挨拶をする方法をご紹介します。

 

 


スポンサーリンク

喪中で年賀状を送れないときは?

喪中ハガキが届いて年賀状が送れない時は

寒中見舞いを送って挨拶をしましょう。

 

寒中見舞いは

喪中の方に、年賀状の代わりとしての挨拶状として使われています。

 

季節の挨拶として使われ

一年の中でもっとも寒い季節を迎えて

相手の体調を気遣うとともに

自分の近況報告などを書きます。

 

 

他の使い方では

年賀状を出すのが遅くなってしまった時、

松の内が明けてから使ったりもします。

 

 

 

喪中は年賀状ではなく寒中見舞いを送ろう

寒中見舞いを送るタイミングは

1月8日(松の内が明けて)から2月4日(立春)までに送ります。

 

 

もし、

喪中ハガキが届いてから寒中見舞いを送るまでの

約1ヶ月ほどの間に、送る事が出来ないといった場合は

「喪中見舞い」を送るという方法もあります。

 

喪中見舞いは、

喪中ハガキが届いてからすぐに返信する事ができます。

 

しかし、すぐに返信となると

新年の挨拶にはなりません。

 

喪中見舞いを送った後、寒中見舞いが送れないのであれば

「余寒見舞い」で近況を報告して、新年の挨拶をしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

寒中見舞いは職場の上司や同僚に必要?

基本的に、松の内が明けてハガキが届くまでに顔を合わせるようであれば必要ありません。

 

 

寒中見舞いなどの書状は、

直接会って話すことが出来ない状況の時に対応する方法です。

 

普段からメールやラインでやりとりをしている関係や、

会って話をする機会があるなら、その時にお礼を言いましょう。

 

 

 

まとめ

喪中で年賀状が送れない時は

基本的に寒中見舞いを送る事で新年の挨拶が出来ます。

 

普段から顔を合わせる人、

職場の上司や同僚には送る必要はありません。

 

もし、気持ちで送りたい人は送っても大丈夫です。

 

自分で納得がいく形で挨拶をする事が一番大事ですからね。

 

 

■関連記事■

年賀状の返事はいつまで?書き方に気を付けないと失礼になる?

 

年賀状を処分するには?7つの方法をご紹介!

 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ