節分の豆まきはいつから?時間は?正しい作法・やり方は?

目安時間:約 7分
節分の豆まきはいつから?時間は?正しい作法・やり方は?

節分の豆まきはいつから?

 

一年に一回の行事って

つい日にちを忘れてしまいがちになります。

 

毎年決まった日にちだとまだいいのですが

節分の日はその年によって変わります。

 

翌年は同じ日でも、翌々年は違う日という事があります。

 

節分の日が分かったあとは

豆まきをする時間を間違えないで、

正しい作法・やり方で豆まきを行いましょう。

 

 


スポンサーリンク

節分の豆まきはいつから?

節分の日 2018年は2月3日です。

 

「2018年」と言ったのには

最初でも言った通り、その年によって日にちが変わるからです。

 

今の節分は、立春の前の日に

季節の変わり目として行われる行事ですが

立春の日は太陽の位置によって決まります。

 

元々節分は、

立春・立夏・立秋・立冬の

すべての季節の変わり目で行われていました。

 

太陽の周りを一周する間に

春・夏・秋・冬といった風に季節は変わりますよね。

 

1年で太陽の周りを一周するという事は

一周を角度に変えると360度で、

日数に変えると365日です。

 

日数も360日だったら、

一周と同じで日にちはずれません。

 

ですが、

日数は5日多いので、季節の変わり目がズレてきます。

 

この微妙なズレが毎年重なる事で、

節分の日が変わってくるという事になります。

 

 

 

節分の豆まきをする時間は?

節分の豆まきは、夜に行います。

 

 

小さい時を思い出してもらうと、

保育園・幼稚園にいた時は昼間にしていたと思います。

 

それは、教育の時間が朝・昼の時間帯だっただけで

本来の節分の豆まきの時間とは違います。

 

 

豆をまく理由は

あなたも知っていますよね?

 

鬼をやっつける為にまきます。

 

その鬼(邪気)が来る時間というのが夜なんです。

 

「鬼(おに)」は「陰(おん)」という言葉に由来していて、

「陰(おん)」は目に見えない邪気の事をさしています。

 

 

季節の変わり目には邪気が発生しやすいと言われています。

 

邪気が発生する節分の日に

邪気が来る夜の時間に

豆をまいて退治するというわけです。

 

なんで「豆をまく」のか

気になった方はこちらを参考にしてください

節分の由来や意味を子どもに伝えるには?紙芝居や絵本がおすすめ

 

 

スポンサーリンク

 

節分の豆まきの正しい作法・やり方は?

次に豆まきの正しい作法・やり方を説明していきます。

 

 

節分の豆まきに必要な物

  • 福豆(炒り豆)
  • 鬼のお面

 

地方によっては、福豆の代わりに落花生を使う所もあります。

 

最近では、後片付けが楽な事や「芽が出ない」という事から

落花生を使うお家が増えています。

 

拾った後に豆を食べる事を考えても、

落花生なら汚れやホコリが付いたとしても

殻に付くだけなので、中身は綺麗ですよね。

 

 

節分の豆まきの順番

①最初に豆をまく人を決めましょう。

 

本来のやり方では、主人(家主)が豆をまく、

もしくは年男・年女・厄年の人がすると縁起がいいと言われています。

 

けど今は、子供たちが豆を投げて、

親が鬼のお面を被るといったケースが一般的だと思います。

 

一応、本来のやり方はありますが、

今は今のやり方があるので特に気にする必要はないと思います。

 

 

②豆をまく時の作法・やり方

「鬼は外 福は内」を言って鬼を追い出すのですが、

「鬼は外」は外へ向かって豆を投げて、

「福は内」は家の中へ向かって豆を投げます。

 

 

私はこれを知るまで、

家の中から外に向かって

「鬼は外 福は内」を言っていました(^^;

 

 

こうした、ちゃんとしたやり方があるので

あなたも是非覚えてくださいね。

 

 

 

まとめ

節分の豆まきは

その年によって、変わったりします。

 

何年も先の分は調べたら分かるのですが、

毎年、いつからなのかチェックしたほうが

日を間違えないで済みます。

 

時間が夜からというのは変わる事がないので、

いつからか調べた後は、

必要な物を揃えて、

作法・やり方の順番にやるだけです。

 

みんなで協力して鬼退治しましょうね!

 

 

■関連記事■

節分の恵方巻きの中身は何?種類に決まりはあるの?意味は?

 

節分の恵方巻きの方角はどっち?決め方や意味はあるの?

 

スポンサーリンク

タグ:  

カテゴリ:節分  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ