お年玉の相場!小学生はいくら?兄弟がいる時は差をつける?

目安時間:約 8分
お年玉の相場!小学生はいくら?兄弟がいる時は差をつける?

貰って嬉しい

あげても嬉しいお年玉♪

 

小学生のお子さんがいるお家では

子ども達が毎年楽しみにしてお年玉を心待ちにしています。

 

今年はいくらなんだろう?

とワクワクしながら中身を見ますよね。

 

その可愛らしい姿を見て嬉しく思っていたら、

「お兄ちゃんの方が多い!」

ってな事も、目の前で繰り広げたりするのが子どもです。

 

新年早々、喧嘩をしている姿は見たくありませんよね。

 

そこで、喧嘩をしない為にも

小学生に渡す相場の金額を知っておく必要があります。

 

それと、お年玉を渡す時に

ちょっとした事を気を付けるだけで

喧嘩をすることが無くなります。

 

それでは、それぞれ見ていきましょう。

 

 


スポンサーリンク

お年玉の相場

お年玉の相場は

年齢や幼稚園・小学生・中学生・高校生の区切りで値段を決めている方が多いです。

 

よくある例として

  • 幼稚園は500円~1000円
  • 小学生は1000円~5000円
  • 中学生は3000円~5000円
  • 高校生は5000円~1万

 

年齢で金額を上げていく方は、

小学校から1年上がるごとに500円または1000円アップしていく

といった感じで増やしていく方もいます。

 

この例を見てもらうと、

小学生の所は幅が広いのが分かります。

 

お年玉の相場で、

一番悩む年齢は小学生の時です。

 

中学生・高校生になると、

小学生からのお年玉の金額の流れがあるので

そこまで悩む必要がありません。

 

が、

 

小学生の時に、

ちょっと値段設定を間違えると、

子どもが中学生・高校生になった時に

出費が多くなりますので注意が必要です。

 

たかが1000円、

されど1000円。

 

子どもが多ければ多いほど

積み重なっていきます。

 

 

 

お年玉の相場で小学生はいくら?

先ほどの「お年玉の相場」で

小学生の相場は1000円~5000円と書いてありました。

 

この金額の差は低学年と高学年の違いにあります。

 

それで気になるのは

低学年と高学年の相場。

 

  • 低学年は1000円~3000円
  • 高学年は3000円~5000円

 

となっています。

 

 

小学校の6年間は、

学校生活の中で一番長い期間なだけあって、

子供の成長にも大きな変化があります。

 

一年生の時は、

お菓子をあげたらすごく喜んでくれたけど、

六年生にもなると、

「ありがとう」は言っても、小さい頃のようには喜びません。

 

年齢が上がるにつれて、

子どもの欲しい物が変わってくるから

こういった反応になるんですよね。

 

 

小学生のお年玉の相場の事について詳しく書いた記事がありますので

よかったらこちらも参考にしてください。

お年玉の相場小学生はいくら?低学年と高学年でどれくらい違うの?

 

 

スポンサーリンク

 

お年玉の相場で兄弟は差をつける?

兄弟がいる家庭にお年玉を用意する時に

金額に差をつけようか悩むと思います。

 

金額に差をつけるかどうかは人それぞれです。

 

 

 

参考までに私の小さい時

小学生の時のお年玉の話をよかったら聞いてください。

 

私は三人兄弟で、

2つ上の兄と私と双子の弟がいました。

 

私と双子の弟は、

年齢が同じなので

もちろん、もらうお年玉も同じ金額でした。

 

けど、2つ上の兄は毎年

私たちより1000円~2000円多く貰っていました。

 

小さいながらも、

「お兄ちゃんだから当たり前」と思っていました。

 

 

2年後

 

 

その時のお兄ちゃんと同じ年になった時、

「お兄ちゃんと同じ金額が貰える」

と思っていた私は、楽しみにしながらポチ袋を開けました。

 

けど、そこに入っていた金額は

2年前の兄の金額より1000円少なかったのです。

 

理由は「双子だから」仲良く分けてね

と言われました。

 

その時は、双子だから損をした気持ちになって

すごくショックを受けました。

 

 

 

これが私が小さかった時のお年玉の思い出です。

 

何故か分からないのですが、

お年玉の金額って覚えているものなんです。

 

兄弟の年齢で差をつけるのは全然アリだと思います。

 

けど、双子だからとか変な理由で差をつけるのはナシです。

 

差をつけた時は、兄と同じ年齢になった弟に

その時の兄と同じ金額を渡してあげましょうね。

 

それと、トラブルのもとを作らないように

ちゃんとした理由を伝えて渡してあげてくださいね。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

もし、このブログを見ても

お年玉の相場が分からない時は

自分が小学生だった時を思い出してみて下さい。

 

兄弟がいなければ、

周りにいた友達はどうだったのかを思い出してみて下さい。

 

お年玉の金額はあくまでも気持ちなので

頑張り過ぎないで、自分の生活に合った金額を渡してあげましょうね。

 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ