睡眠とダイエットは関係あるの?効果や方法はどうやるの?

目安時間:約 8分
睡眠とダイエットは関係あるの?効果や方法はどうやるの?

睡眠ダイエットという言葉は聞いたことありますか?

 

ダイエットの意識が高い人は聞いたことがあるかもしれませんが

聞いたことない人もいると思います。

 

初めて聞く人は

「睡眠とダイエットって関係あるの?」

と思われてしまいますが、

すごく大きな関係があります。

 

これを知らない人の中には、

「睡眠時間が短いほど痩せる」という勘違いをしている人もいます。

 

もし、間違った考えをしていたら直して、

効率よく睡眠でダイエット効果を上げてみませんか?

 

 


スポンサーリンク

睡眠とダイエットは関係あるの?

睡眠とダイエットの関係は

睡眠時間の取り方に大きな関りがあります。

 

睡眠時間が少ないと、

 

基礎代謝が低下して脂肪が燃焼されにくくなるうえに、

食欲が増えて太る原因の元になります。

 

何故このような事が起こるのか、

詳しく一つ一つ見てみましょう。

 

 

 

睡眠とダイエット 基礎代謝が低下する原因

基礎代謝が低下する原因として

睡眠不足による、成長ホルモンの分泌量の減少があります。

 

成長ホルモンというのは

寝ている間に、体の筋肉などを作るための大切な役割があります。

 

つまり、

成長ホルモンが減ってしまうと

体の筋肉が落ちて基礎代謝が減ってしまうという事になります。

 

 

体を作るために無くてはならない成長ホルモンですが、

いつでも分泌されているわけではありません。

 

この成長ホルモンが分泌される時間帯というのは、

眠り初めてから3時間がもっとも分泌される時間帯ですが

 

成長ホルモンをしっかりと分泌させたいのなら

5時間の睡眠が必要です。

 

 

「5時間の睡眠なら取ってるけど?」

 

 

と思うかもしれませんが、

他にも大事なことがあります。

 

それは「睡眠の質」です。

 

睡眠の質が悪ければ、

どれだけ寝ても効率のいい成長ホルモンの分泌が出来なくて、

ダイエット効果に悪影響をもたらします。

 

その睡眠の質については

後ほど「方法」の所で説明しますね。

 

 

 

睡眠とダイエット 食欲増進してしまう原因

睡眠時間が短いと厄介な事に

食欲増進ホルモン(グレリン)が増加して、

食欲抑制ホルモン(レプチン)が減少します。

 

こうなると、

何か食べたくなるのを我慢しないといけませんよね。

 

我慢をするとストレスが溜まってしまいますが、

このストレスで分泌されるホルモン(コルチゾール)が

ダイエットに悪影響を与えます。

 

コルチゾールを増やしすぎると、

筋肉が分解してしまったり、低体温になったりと

基礎代謝を下げる働きをしてしまいます。

 

昔から「ストレス太り」と言われるのは

コルチゾールが関係していると言えますね。

 

 

スポンサーリンク

 

睡眠とダイエットの効果は?

睡眠とダイエットの効果について

肥満の割合を比べた結果があります。

 

実際、アメリカのコロンビア大学が1971~75年に行った追跡調査によれば「平均睡眠時間が7~9時間のグループに比べ、「4時間以下」は73%、「5時間」は50%、「6時間」は23%、肥満の傾向を持つ人の割合が増えたそうです。
出典 - できる大人の9割がやっている得する睡眠法

 

以上の事から、

睡眠とダイエットは効果があると言えます。

 

 

平均睡眠が7~9時間と、

2時間も差があると何時間寝たらいいのか分かりませんよね。

 

でも、理想の睡眠時間というのがありまして、

この時間内で言えば、「7時間」が理想とされています。

 

理由はレム睡眠・ノンレム睡眠が関係しており、

多少個人差はありますが、

もっとも起きやすい時間とされています。

 

スッと起きれれば、二度寝を防ぐことも出来て

気分もスッキリしていてストレスもありません。

 

 

 

睡眠とダイエットの方法は?

睡眠ダイエットをする方法として

「質の高い睡眠」を取る必要があります。

 

質の高い睡眠を取る方法は以下の事があります。

  • 就寝3時間前にたんぱく質を摂る
  • 苦い・酸っぱい物を食べる
  • 就寝1時間前のスマホ・PCを止める
  • 笑顔を作る
  • お風呂に入る
  • 好きな香りを嗅ぐ
  • 軽いストレッチ
  • 何も考えない

 

これらの事をすると

体や脳がリラックスできて、

質の高い睡眠を取る事ができます。

 

最近はスマホの影響で寝付けないといった事が多いように思います。

 

スマホやパソコンからはブルーライトが発生していて、

ブルーライトは太陽光の波長に似ている為、

見てしまうと、脳が覚醒して起きてしまいます。

 

これも、ほんのちょっとの事なので

つい手が伸びてしまいますが、

質の高い睡眠を手に入れると思って

少しだけ我慢しましょうね。

 

 

 

まとめ

ダイエットを始めると

色々な事が気になってきます。

 

色々な方法やり方がある中で、

睡眠もその中の一つですよね。

 

睡眠はほんのちょっとした事かもしれませんが、

効果はあると思います。

 

寝る時間を変えるだけで、

誰でも出来る事なので一度試してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ