年末の大掃除で窓を綺麗にしよう!網戸とサッシも忘れずに!

目安時間:約 9分
年末の大掃除で窓を綺麗にしよう!

窓一つ綺麗にしてあるだけで、
お家の印象はガラっと変わります。

 

でも、窓掃除って

  • 手が届かなかったり
  • 汚れが取れなかったり

 

と、結構大変ですよね。

 

簡単に窓を綺麗にしたい・・・。

 

ちょっとしたコツで
楽々に窓掃除が出来るようになります。

 

今から、窓・網戸・サッシといった順番で説明していきます。

 


スポンサーリンク

年末の大掃除 窓編

最初はメインの窓を掃除しましょう。

窓専用の洗剤でも綺麗になりますが、

ここでは中性洗剤(台所用洗剤)を使用します。

 

準備するもの

  • スポンジ
  • 中性洗剤(台所用洗剤)
  • 雑巾
  • 新聞紙

 

あると便利なもの

  • 窓用ワイパー

 

 

スポンジと中性洗剤を使って汚れを落とす

まずは窓に付いた汚れを落とすことから始めます。

 

バケツに水を入れて、
その中に少量の中性洗剤を入れます。

 

ここで、洗剤の量で悩んでしまうと思います。

分からない時は最初に2,3滴入れて様子を見てください。

 

それで足りないようであればまた2,3滴という具合に足していきましょう。

 

洗剤水が出来上がれば

スポンジに洗剤水を含ませて、窓を洗います。

 

窓の汚れが酷い場合は、

バケツの水を取り替えて、窓が綺麗になるまで洗ってくださいね。

 

 

雑巾やワイパーを使って水気を切ろう

窓を洗ったあとの水気を切ります。

 

ここで雑巾を使うのですが、

洗剤を使って窓を洗っているので、

泡が取れるまで何回か(2,3回)は繰り返して拭くようにしましょう。

 

ワイパーを使うのであれば、

水の切り残しをしないように注意しましょう。

 

 

新聞紙を使うと窓がピッカピカ!

水気を切ったあとは、窓をから拭きして綺麗にしていきます。

(※ワイパーを使った場合は必要ありません)

 

ここで新聞紙を使いますが、

使うときの注意点があります。

  1. 乾いている新聞紙を使う
  2. 手で握れる大きさに丸める
  3. 小さな円を描くように拭く

 

一言で「新聞紙」と言っても、乾いた物なのか濡れた物なのかわかりませんよね。

なので、一応協調してみました。

から拭きなので、乾いている物を使ってくださいね。

 

新聞紙を使う事で小さなホコリが取れる上に、ツヤを出すことができます。

 

 

窓の外側に手が届かない場合は?

2階の窓掃除をする時、

ベランダが無かったら、窓の外側まで手が届かない時がありますよね。

 

手が届かない時は、

少し柄の長い窓用ワイパーを使う事で簡単に綺麗にすることができます。

 

手順として

  1. 窓にスプレーなどを使って水をかける
  2. 窓用ワイパーで水を切る

 

これだけです。

 

手順は簡単ですが、いざやってみると少しだけ難しいです。

といっても、すぐに慣れるので結構楽々なんですよね(^^

 

悩んでいる方は一度お試しあれ♪

 

 

年末の大掃除 網戸編

次に網戸を掃除します。

一見、汚れが分かりにくいですが、
近くで見るとすっごく汚れています。

 

網戸が汚れていると、
風通しが悪くなってしまうので、
忘れずに掃除しましょうね。

 

準備するもの

  • メラミンスポンジ
  • 新聞紙 or 雑巾

 

網戸ローラーや網戸ワイパーといった物もありますが、多様性に欠ける為、ここではメラミンスポンジを使います。

 

使い方

1.水の入ったバケツを用意します。

2.メラミンスポンジを大きくカットします。

3.カットしたメラミンスポンジを水につけ、絞ります。

4.網戸に軽く当て、上から下・右から左という風に、一方から拭きます。

5.拭くときは、常に綺麗な面を使います。

6.汚れがたまったら、バケツの水で洗います。

7.3~6を繰り返し、網戸の両面を掃除しましょう。

 

最後に、新聞紙か雑巾を使って水気を拭き取ったら出来上がりです。

 

網戸掃除後、

サッシにスポンジカスが落ちているので、次のサッシ編でまとめて綺麗にしましょう。

 

 

年末の大掃除 サッシ編

最後にサッシ(レール部分)を掃除します。

 

今まで、濡れた雑巾を使って掃除をしていませんでしたか?

実は、濡れた雑巾は最後の仕上げに使うだけなんです!

 

手間を少なく簡単に出来る方法をご紹介します。

 

準備するもの

  • 掃除機
  • 歯ブラシ(使い古しの物)
  • つまようじ
  • 雑巾

 

最初に注意したいことは、

サッシが乾いている状態である事です。

 

窓掃除・網戸掃除をした後は濡れた状態になっていると思います。

 

濡れた状態だと、ドロドロだと上手に取ることができません

なので、サッシをする場合は、時間を置いて乾かしてから掃除をしたほうがいいでしょう。

 

先にサッシ掃除するという手もありますが、

窓掃除・網戸掃除後にもう一度となると、ちょっと大変ですよね(^^;

(窓と網戸を取り外して掃除しているなら問題ありません)

 

使い方

1.歯ブラシで溝の汚れを掻き出しながら、掃除機で吸い込みます。

2.溝の隙間に残った汚れはつまようじを使って取ります。

3.仕上げに雑巾で水拭きすれば完成。

 

この順番で行えば、一生懸命雑巾で水拭きしなくてもピカピカのサッシを手に入れることができます。

 

 

まとめ

普段、家で使っている物を使って掃除する方法をご紹介させていただきました。

 

私は面倒くさがりな一面がありまして、

窓掃除は、雨が降っている日に”窓用ワイパーで水切りするだけ”といった手抜きをしています。

雨降りだと、水をかけなくていいですからね(笑

 

そんな私でも、大掃除になれば上記の方法でしっかりと掃除します。

 

ズボラでもしっかり楽に出来る方法なので、覚えておくと便利ですよ♪

 

 

関連記事

ゴムパッキンのカビ取り方!カビキラーは効果的?取れない時は?

 

大掃除でお風呂の鏡の水垢を取るには酢が効果的!頑固な時は?

 

お風呂の換気扇シロッコファンを外さないで楽に掃除する方法

 

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:掃除  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    ブログランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

    ページの先頭へ